d払いだけでは直接現金化することは難しいですが、バンドルカードを活用することで即日現金化が可能です。

このガイドでは、d払いの即日現金化方法として、バンドルカードを使った方法に加えて、d払いアプリやdカードプリペイドを活用する手順も説明します。

また、d払いを即日現金化できる信頼性の高い業者も紹介していますので、急な現金需要がある場合に参考にしてください。

d払いをバンドルカードを利用して即日現金化する方法

d払いを即日現金化するためには、最短1分で発行できる「バンドルカード」を利用します。

バンドルカードは学生でも発行可能で、審査が不要です。

d払いを現金化できる金額は、「電話料金合算払い」の最大限度額である10万円までで、この限度額はユーザーの年齢や契約期間によって異なります。

以下の3つのステップを順に進めれば、最短即日でd払いを現金に換えることができます。

  1. バンドルカードの発行
  2. バンドルカードに「ドコモ払い」で残高チャージ
  3. バンドルカードをサポートする現金化業者に申し込み

ステップ1|バンドルカードの発行

バンドルカードは、審査不要で発行できるVisa対応のカードです。

アプリをダウンロードし、電話番号とメールアドレスを入力すれば、最短1分でネット決済用の「バーチャルカード」が発行されます。

ステップ2|バンドルカードに「ドコモ払い」で残高チャージ

次に、以下の手順でバンドルカードにドコモ払いで残高をチャージします。

  1. アプリ内の「チャージ」タブから「ドコモ払い」を選択
  2. 「チャージ手続きへ」をタップ
  3. チャージする金額を入力し、「チャージする」を選択
  4. docomoセンターの認証を受けてチャージが完了

ドコモ払いのチャージ上限は10万円で、チャージ金額に応じて手数料が300円から6,150円かかります。

バンドルカード専用の「ポチっとチャージ」は、ドコモユーザー以外でも利用可能で、初回は5,000円から最大5万円までチャージできます。

「ポチっとチャージ」の利用時にはカードの利用状況と種別が確認されますが、滞納がなければ審査に通りやすくなります。

ステップ3|バンドルカードをサポートする現金化業者に申し込み

現金化業者は、クレジットカードやバーチャルカードの現金化を代行する企業です。

ユーザーは業者の公式ウェブサイトに氏名、電話番号、希望金額などの必要事項を入力するだけで、面倒な手続きは業者のスタッフが代行してくれます。

初回申し込み時には本人確認が必要なので、「顔写真付き本人確認書類」と「自撮り写真」を用意しておいてください。

dカードプリペイドで商品を換金する手順

dカードプリペイドは「電話料金合算払い」で残高をチャージし、オンラインショッピングや実店舗で支払うためのプリペイドカードです。

バンドルカードとは異なり、チャージ手数料はかかりません。

以下のステップに従って、dカードプリペイドに電話料金合算払いでチャージする方法を説明します。

  1. dカードプリペイド公式ウェブサイトにアクセスし、「入会申込み」をクリック
  2. 申し込み後、1週間から10日ほどでカードが届きます
  3. dカードプリペイドのマイページにログインし、「チャージ」を選択
  4. チャージしたい金額を入力し、「電話料金合算払い」を選択
  5. 次に、ドコモのウェブサイトに移動し、ユーザー認証を行います
  6. 必要な情報を入力してチャージを完了します

dカードプリペイドに電話料金合算払いでチャージしたら、高換金率の商品をオンラインまたは実店舗で購入し、買取業者を通じて現金に換えることができます。

ただし、dカードプリペイドの発行には7~10日かかるため、急いで現金が必要な場合には適していないかもしれません。

d払い現金化の際に注意すべき3つのポイント

d払いを現金化する際には、以下の3つのポイントに留意する必要があります。

  1. バンドルカード以外の方法は時間がかかる可能性がある
  2. d払い現金化は法的に問題はありませんが、サービス利用規約に違反する可能性がある
  3. d払い現金化がバレると、d払いの利用停止リスクがある

バンドルカード以外の方法は時間がかかる可能性がある

d払いアプリやdカードプリペイドを利用して商品を現金化する方法は、現金に換えるまでに時間がかかることがあります。

商品の購入から売却、dカードプリペイドの発行など、最短でも1日以上かかり、即日現金化は難しい場合があります。

一方で、バンドルカードを使用する方法なら、現金化業者を利用でき、申し込みから最短で10分以内で現金を受け取ることができます。

d払い現金化は法的に問題はありませんが、サービス利用規約に違反する可能性がある

d払いを現金化すること自体は法的に問題ありませんが、サービス利用規約には「現金等を得る目的で本サービスを利用した場合」に、サービスの中断や停止が可能であると規定されています。

特にdカードプリペイドを使用した方法は、通常より高額な商品を購入するため、規約違反の疑いがかかりやすいです。

d払い現金化がバレると、d払いの利用停止リスクがある

d払いの現金化が疑われると、一時的にd払いの利用が停止されることがあります。ただし、一度だけの場合はd払いアプリで「一時停止」を解除することができます。

しかし、繰り返し現金化を行った場合、規約違反とみなされ、d払いや電話料金合算払いの利用が停止されるリスクがあります。

d払いの現金化を行う際には、ユーザーが過去に一度も利用停止になったことのない信頼性の高い業者を選択することが重要です。

d払いとドコモ払いの違い

「d払い」と「ドコモ払い」は、スマートフォンを利用した決済サービスです。

「d払い」は、dアカウントを取得すれば、ドコモユーザー以外でも利用できるスマホ決済です。

一方、「ドコモ払い」は、ドコモユーザーのみが利用可能で、それぞれのサービスには以下の違いがあります。

ただし、「ドコモ払い」は2022年6月1日にすべて「d払い」に統合されたため、d払いを利用する際にはこの違いを意識する必要はありません。

d払い現金化には信頼性の高い業者が効率的

d払いを現金化する方法には「バンドルカード」と「dカードプリペイド」があります。

「バンドルカード」を使用すれば 現金化業者のサポートを受けながら、最短で即日にd払いを現金化することができます。